【大相撲】千代丸はコロナ感染?高熱で隔離!PCR検査をなぜ受けない?

スポンサーリンク
千代丸 スポーツ

千代丸が高熱で大相撲春場所8日目を休場しました。

現在は隔離されているとのこと。コロナウイルス感染は大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、千代丸の症状やコロナウイルスへの感染、また、PCR検査をなぜ受けないのかについてもご紹介します。

スポンサーリンク

【大相撲】千代丸はコロナ感染?高熱で隔離!

千代丸

大相撲の平幕力士・千代丸がコロナに感染したのかが大きな話題になっています。

「スポーツ報知」の記事によると、

 日本相撲協会は15日、西前頭15枚目・千代丸(28)=九重=が、発熱のため春場所8日目から休場すると発表した。

鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)によると、千代丸はこの日の朝、39・7度の発熱があったという。
(引用:スポーツ報知

千代丸の症状は、3月14日の夕方に38.6度の高熱。

その後15日の朝に39.7度に上がったとのことです。

かなりの高熱で心配ですが、発熱以外の症状があるのかは公表されていません。

ただ、気になるのが「病院で診断を受けた上で隔離するように指示された」ということ。

隔離って、コロナ感染ってことかな?

千代丸は15日にインフルエンザの検査をしたようですが、「インフルエンザに感染している」とは発表されていません。

検査が早すぎて反応しなかったのでしょうか?

それとも、「コロナウイルス感染の可能性が高いから隔離されてるのでは??」という声も聞こえてきています。

スポンサーリンク

【大相撲】千代丸はなぜPCR検査を受けないの?

千代丸は15日に大阪市内の病院で診察は受けていますが、PCR検査は受けていません。

千代丸がPCR検査を受けないのはなぜなのでしょうか?

千代丸がPCR検査を受けない理由①:PCR検査の対象外

PCR検査は誰でも希望すれば受けられるものではないんです。

現在のところ、PCR検査の対象となる人はこちら。

37.5度以上の発熱が4日以上続いている
強い倦怠感や呼吸困難がある

千代丸はまだ発熱から2日目のため、コロナの検査を受ける対象ではないと判断されたのでしょう。

PCR検査をすぐ受けていないということは、症状が比較的軽いという可能性もありますね。

千代丸がPCR検査を受けない理由②:相撲協会の思惑

2020年の春場所は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために大相撲は無観客で行われています。

協会員に一人でも新型コロナウイルス感染者が出れば、本場所は中止となる。
感染拡大防止のため、協会は37・5度以上の発熱が2日続いた場合は即休場させ、容体によってはコロナウイルスの診断方法・PCR検査を受診させる方針としている。
(引用:スポーツ報知

相撲協会の方針では、「力士の朝の体温を基準として2日連続」としているため、千代丸のケースは「2日連続」に該当しないとのこと。

相撲はかなり接近して行うスポーツなので、感染が広がりやすいです。

はやめに検査を受けることで感染の拡大を防ぐことができますよね。

それでもあくまで「方針通り」を貫く理由は、協会側がわざと千代丸のPCR検査を遅らせているのではないかとも思えてきます。

場所を中止にしたら、それだけ金銭的な損害も大きいですからね。。。

いろんな相撲協会側の思惑も見え隠れしているような気がします。

千代丸関、今回の春場所はこれまで5勝2敗とかなり好成績だったので残念ですが、コロナではなくただの風邪で早く回復するといいですね。

タイトルとURLをコピーしました