伊藤詩織の経歴が不明すぎる!出身大学は?アメリカでは何してた?

スポンサーリンク
伊藤詩織 時事・ニュース

フリージャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之さんから暴行を受けたとして損害賠償を求めていましたが、裁判で勝訴しましたね。

これだけメディアで大きな話題になっている伊藤詩織さんですが、実は、経歴や出身大学、アメリカ留学、山口敬之さんとの出会った経緯などについての情報がほとんど出ておらず、不明な点が多いのも事実。

どうやら、情報管理が徹底されているようですね。

そこで今回は、これまでの記事やインタビュー内容から深く掘り下げて、伊藤詩織さんの経歴や出身大学、アメリカ留学時代などについて調査してみました。

スポンサーリンク

伊藤詩織さんのプロフィ―ル

伊藤詩織
(出典:J-CASTニュース

名前:伊藤詩織(いとう しおり)
生年月日:1989年
出身:神奈川県
職業:ジャーナリスト、映像作家
受賞歴:
・国際的メディアコンクール「New York Festivals 2018」2部門銀賞 (Social Issue部門/Sports Documentary部門)
・著者『Black Box』(文藝春秋)第7回自由報道協会賞大賞
現在分かっている、伊藤詩織さんの経歴は上記のとおりです。
伊藤詩織さんは、建設関係の仕事をしている父親と、専業主婦の母親の間に長女として誕生しました。兄弟は、妹と弟がいます。
小さい頃から可愛かったのでしょう。9歳の時から、モデルとしても活動していたそうです。
スポンサーリンク

伊藤詩織の出身大学は?

伊藤詩織さんは、大学名は公表されていませんが、日本の短期大学を卒業したようです。

伊藤さんの生まれた年が、1989年なので、短大の卒業は2010年
その後は、どうしていたのでしょう。

その後の伊藤詩織さんの進路についても、あまり情報が公開されていません。
ですが、このようなツイートがありました。

伊藤詩織さんの著書「Black Box」によると、高校在学中にも留学を経験し、その後、アメリカだけでなくイタリアの大学でも勉強していたようですね。

しかも、留学は両親が反対していたので、学費と生活費はほぼすべて、自分のアルバイト代からやりくり。

全てはジャーナリストになるため。
翻訳や、ベビーシッター、ピアノバーなどでアルバイトをしながら、学業との両立を図っていたそうです。

山口敬之さんと初めて出会ったのは2013年の9月で、アルバイト先のピアノバーだったようです

スポンサーリンク

伊藤詩織の経歴!アメリカでは何していた?

伊藤詩織さんの、短大卒業後のアメリカでの経歴や、伊藤詩織さんと山口敬之さんとが出会った経緯などについても調べてみました。

2014年の夏の終わり、大学卒業を目前にした詩織さんは、インターンシップの受け入れ先を探すためにいくつかのメディアにメールを送り、送り先のひとつが山口氏だった。かれはそのとき、知己の日本テレビのニューヨーク支局長に連絡することを助言したという。

そして、面接とテストを経て、詩織さんは同年(2014年)9月から日本テレビのニューヨーク支局でインターンとして働く。しかし、仕事と勉学に追われてバイトができなくなり、いったん、ニューヨークぐらしを切り上げることにする。

そして、日本に帰って2015年2月にロイターとインターン契約を結ぶのである。
(引用:GQJapan

まとめると、

・2013~2014年 アメリカ、ニューヨークの大学に留学
・2014年9月 日本テレビのNY支局でインターンとして働く
・2015年2月 日本に帰国。ロイターの日本支局でインターン契約
アメリカのどの大学で勉強したのか、学位を取ったのかなどについては、一切公開されていません。
ですが、受賞歴があることや、インターンなどの試験にも合格していることから、伊藤詩織さんは成績優秀で、ニューヨークのコロンビア大学や、ニューヨーク大学で学んだ可能性もありますね!
伊藤詩織さんは、アメリカの大学卒業前の就職活動中に山口敬之さんと出会い、日本帰国後の2015年4月に事件が起こったということになります。
アメリカで働くためには「就労ビザ」が必要であり、そのサポートを求めて、伊藤さんは当時、日本テレビのワシントン局長だった山口敬之さんとコンタクトを取っていたというわけですね。
その山口さんが日本に一時帰国した際に、ビザの相談のために一緒に食事をした後。あのような事件が起きてしまったのです。
こんな形で、顔や名前を公表して世間に真実を伝えようとするのではなく、ジャーナリストとして大活躍するはずだったのに…
伊藤詩織さんのことを思うこと、胸が痛みます。
民事裁判では、伊藤詩織さんの勝訴が確定していますが、刑事裁判ではなにやら、大きな裏の力が働いて、山口敬之さんの逮捕が直前に取り消しとなりましたよね。
事件発生から、家族と共に身の危険を感じるほどバッシングを受けてきて、日本には住めないと、現在はロンドンでジャーナリストとして活動しているという、伊藤詩織さん。
これだけ話題になっている人の、出身校すら出てこないということは、ちょっと不思議な感じがしましたが、家族や関わる人への影響を考えて、情報漏洩がないよう、徹底的に監視されているのかもしれませんね。
日本は、まだまだこうした事件の被害者が守られる社会とは、程遠いと思います。
今後の行方も見守りつつ、才能ある伊藤詩織さんが活躍できる場がさらに広がることを願っています!

 

 

タイトルとURLをコピーしました