岩田健太郎が動画を削除した理由!圧力があった?記者会見の内容は?

スポンサーリンク
岩田健太郎医師 時事・ニュース

新型コロナウイルスの感染者が乗船するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。

神戸大学の岩田健太郎医師が、船内の対応を批判する動画を翌日に削除したことが話題になっています。

何かの圧力があったのか、動画が削除された理由についてはいろんな意見があります。

今回は、外国特派員向けの記者会見で岩田健太郎が語った、動画削除の理由について調査してみました。

スポンサーリンク

岩田健太郎が動画を削除!

岩田健太郎医師

岩田健太郎医師が、新型コロナウイルス集団感染のクルーズ船内について動画投稿したのが、2020年2月19日の朝。

そして翌日、2月20日の早朝にはその動画は削除されています

動画削除の理由については、岩田健太郎は「これ以上この議論を続ける理由はなくなった」としています。

投稿翌日の削除だったため、実際の動画内容を見ていない人も多かったかもしれませんね。

岩田健太郎さんは動画内で、クルーズ船内の様子についてこのように語っています。

・いつ自分が感染するかもわからないくらいの「怖い」状況だった
・たった1日で船から追い出された
・ウイルスに汚染されたゾーンと安全なゾーンの区別がされていない
・船内には感染対策の専門家が常駐していない
・官僚がすべてを仕切っている
・エピカーブのデータを取っていない

専門家不在での検疫体制を批判している内容でした。

ではこんなに強く批判をしていたのに、岩田健太郎さんが動画を削除した理由はなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

岩田健太郎が動画を削除した理由!圧力があった?

岩田健太郎医師

ネット上では、岩田健太郎が動画を削除した理由について、厚生労働省や政府側からの圧力があったのではないかとも言われています。

岩田さんの動画はもともと「告発」という挑戦的なタイトルで投稿されました。

岩田健太郎がクルーズ内の不十分な感染対策を暴露した形ですね。

どうやら、岩田健太郎のアドバイスが無視されていたようです。

SNS上では、岩田健太郎さんと厚生労働省の橋本岳大臣とのこんなやりとりが見られました。

これを受けて岩田健太郎医師は「厚労省の裏工作と根回しの構図はまったく理解できない」と言っているので、何か動画に対しても圧力もあったのでは?と思ってしまいますよね。

岩田さんはその内情を暴露することでしか、船内の感染対策を変えられないと思ったのでしょう。

ただ反響があまりに大きくなってしまい、動画投稿を削除したと思われます。

スポンサーリンク

岩田健太郎の記者会見の内容は?

岩田健太郎医師

岩田健太郎さんは2月20日に日本外国特派員協会で、海外に向けて記者会見を開きました。

記者会見の冒頭でも、動画を削除した理由について次のように答えています。

・クルーズ船内の状況が顕著に改善されたから。
・懸念していたゾーニングの環境がいい方向に改善されたから。

また、下船者はさらに2週間の隔離が望ましいと強調したとのこと。

今回どうして海外に向けてだけ記者会見を開いたのか、その理由も気になるところです。

今回の岩田健太郎さんの動画での告発は、感染症対策の内情を知ることができるよい機会だったと思います。

と同時にいろんな問題もあることが見えてきましたね。

いろいろと叩かれ炎上すること覚悟で、情報を公開してくれた岩田健太郎医師の行動から次に生かせることはないか考えさせられます。

 

タイトルとURLをコピーしました