三浦瑠麗の夫の清志の経歴がすごい!投資会社マネージャーで年収1億?

三浦瑠麗の夫 エンタメ

国際政治学者で、コメンテーターとしてテレビにも登場している、三浦瑠麗(みうらるり)さん。

東大卒の才女でしかも「かわいい」と評判の三浦瑠麗さんですが、夫も東大出身の超エリートなのだとか。

そこで今回は、三浦瑠麗の夫である清志さんのプロフィールや経歴、現在の仕事などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

三浦瑠麗の夫・清志の経歴がすごい!

三浦瑠璃の夫・清志

三浦瑠麗さんの夫の清志さんも、東京大学の教養学部(国際関係論)を卒業しています。

2人とも東大出身のエリート夫婦で、すごい経歴なんです。

夫の清志さんは瑠璃さんより1つ年上の大学時代の先輩。

2人は同じ授業で出会い、清志さん4年生、瑠麗さん3年生の頃からお付き合いがはじまったそうです。

三浦清志さんとはいったいどんな人なのでしょうか?

<プロフィール>
・名前:三浦清志
・生年月日:1979年
・出身:福岡県宗像市

三浦清志さんは超日本風の名前ですが、父親が日本人、母親がアメリカ人のハーフです。

母親は生物学者なのだとか。

幼少期から英語の環境で育ったとしたら、清志さんは英語もペラペラの可能性が高いですね。

 

ふたりはいつ結婚したの?

三浦清志さんと瑠麗さんは2003年に結婚。

当時はまだ瑠麗さんが東大在籍中の学生結婚でした。

三浦瑠麗と夫

早く結婚した理由は、「瑠麗さんが厳しい実家から解放されたかった」のだそうです。

次に、三浦瑠麗さんの夫である清志さんの素晴らしすぎる経歴についてみていきましょう。

スポンサーリンク

三浦瑠麗の夫・清志の経歴①:外務省のエリート官僚

三浦清志さんは東京大学卒業後、2002年に外務省に入省。

外務省では、アジア太平洋局中国課に在籍し日中韓関係について担当しました。

2004年には大臣官房総務課・外務省組織改変を担当。

東大卒で外務官僚とはかなりのエリートですが、清志さんは2年間在籍したのち、外務省を離れることになります。

スポンサーリンク

三浦瑠麗の夫・清志の経歴②:マッキンゼーで最年少マネージャーに

三浦瑠麗さんの夫・清志さんは、2006年に2年務めた外務省を離れ、世界的に有名なコンサルタント会社の「マッキンゼー&カンパニー」に転職しました。

清志さんは、金融やハイテク業界のM&Aやマーケティング戦略などに関わっていたそうです。

2007年には、最年少でマネージャーに昇格。

清志さんは優秀な集団の中でもさらに、やり手で優秀だったことが分かりますね。

ちなみにマネージャーの役職でのマッキンゼーの平均年収は、1500~2000万円。

三浦清志さんの場合は、「最年少」での昇格ということで年収はこれよりも高かった可能性が高いですね!

いずれにしても、仕事ぶりも年収もかなり「エリート」だったことはわかりますね。

スポンサーリンク

三浦瑠麗の夫・清志の経歴③:投資会社マネージャーで年収1億円?

三浦瑠麗さんの夫・清志さんは、その後マッキンゼーを退社。

ベインキャピタル、セーフレイジャパンと言った、ファンド会社に移りました。

ベインキャピタルといえば、すかいらーくなどの外食産業や大江戸温泉物語の娯楽施設の投資案件を担当していたそうです。

その後、清志さんは2019年から「TRIBAY CAPITAL」というファンド会社の事業に参加しています。

現在は「マネージング・ディレクター」というポジションで、経営側の立場。

年収や報酬について明らかにされていませんが、経営側の立場としてはかなりの金額をもらっているのではないかと思います。

ファンドの経営人と言えば、かなりの高給取り。
億越えの報酬もあります。

もしかすると、三浦清志さんの年収も1億円という可能性は十分にありますね。

エンタメ
スポンサーリンク
MEDIA TOUR
タイトルとURLをコピーしました