山本太郎の俳優時代の出演作品!若い頃はイケメン!政治家より役者向き?

山本太郎の俳優時代 政治家

れいわ新選組代表の山本太郎さん。

政治家になる前は俳優として数多くの作品に出演していました。

俳優時代の若い頃はイケメン

演技への評価も高く、政治家より役者の方が向いているのでは?という声も挙がっています。

そこで今回は、山本太郎さんの俳優時代の出演作品をまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

山本太郎の俳優時代の出演作品まとめ!

山本太郎さんは1991年~2012年まで俳優として活動していました。

山本太郎さんの芸能界デビューは高校1年生の時。

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」に出場したことがきっかけです。

山本太郎高1

それ以降の山本太郎さんの出演作品をご紹介します。

【1991年】映画「代打教師 秋葉、真剣です!」

この作品で、山本太郎さんは芸能界デビュー

当初は山本太郎さんは、バラエティ系のタレントとして活動する予定でした。

ところが、「トーク下手」が原因で、芸能界での活躍は難しいとまで言われていたそうです。

そんなときに、「代打教師 秋葉、真剣です」で映画デビューが決定。

山本太郎さんと言えば優しいお兄さん役のイメージが付き、この作品をきっかけに俳優としての活動が広がりました。

今では街頭で何時間も演説しちゃうほどなのに、初めは口下手だったなんて意外ですね!

【1996年】ドラマ『ふたりっ子』

山本太郎さんは22歳の

山本太郎「ふたりっこ」

とき、NHKの朝ドラにも起用されています。

NHKの朝ドラ出演と言えば、俳優にとってひとつの目標のようなもの。

そこに、山本太郎さんはヒロインの相手役として登場しました。

髪型は基本変わっていませんが、若くて初々しいですね!

この頃はまだ経験が浅く、「演技が下手」と言われていたそうです。

【2000年】映画『バトルロワイアル』

山本太郎「バトルロワイヤル」

山本太郎さんは26歳の頃、映画「バトルロワイヤル」に出演しました。

この作品での山本さんの演技はかなり評判がよく、俳優人生の中でも代表作になったといってもよいでしょう。

山本太郎さんはその後、2001年の「バトルロワイヤル 特別編」にも出演しています。

【2000~2001年】「難波金融伝 ミナミの帝王」

山本太郎 ミナミの帝王

山本太郎さんはこの「ミナミの帝王」シリーズに20本出演

歴代舎弟の中で最長の5年間出演しています。

喧嘩っ早い役柄にぴったりはまってしまったようですね!

【2001年】映画「光の雨」

山本太郎「光の雨」

浅間山荘事件をテーマにした映画「光の雨」にも出演している、山本太郎さん。

この役は山本さんにピッタリはまって、高い評価を受けました。

また、この映画の役柄の話し方が、現在の山本さんの演説に通じるという声が多く挙がっています。

もしかすると、この作品に出演したことで政治家としての意識が芽生えたのかもしれませんね。

山本太郎さんはこの作品で、2001年度日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞しています。

【2004年】大河ドラマ「新選組!」

山本太郎「新選組」

山本太郎さんは、2004年にはNHK大河ドラマ「新選組!」にも出演しています。

時代劇役者としての山本太郎さんを今でも好き!という声も多いです。

今の山本さんの新党「れいわ新選組」はこの作品にちなんで名づけられたのでしょう。

その他にも、「MOONCHILD」、「ゲロッパ」、「精霊流し」2003年度ブルーリボン賞助演男優賞を受賞するなど、山本太郎さんの演技への評価は高かったようです。

また、映画やドラマだけでなく、「世界ウルルン滞在記」のレポーターや、NHK教育番組の「トップランナー」で司会を務めたりと、マルチに活動していました。

こうしてみると、山本太郎さんの俳優としての活動はどれもステキですよね。

スポンサーリンク

山本太郎の若い頃はイケメン!

山本太郎さんの若い頃はかなりイケメンです。

今よりもやせていて、顔がすっきりとしています。

山本太郎がイケメン

山本太郎がイケメン

山本太郎さんは優しいお兄さん役から、おちゃらけタイプ、ヤクザ役まで幅広くこなせる役者さんだったのですね。

過去の俳優時代の山本太郎さんを知らない人は、山本さんのイケメンぶりに驚くかもしれませんね。

スポンサーリンク

山本太郎は政治家より役者向き?

山本太郎さんは、2012年から俳優業をストップして、政治家として活動しています。

政治家になろうとしたのは、東日本大震災での原発事故がきっかけ。
「反原発」運動に目覚めたからだといいます。

ですが、数々の発言や奇行が目立ち、正直政治家としての素質を問われることが多いのも事実。

実際、世間では「山本太郎さんは俳優の方が向いていたのでは?」と言われています

世間では、俳優を辞めて「もったいない」という声がとても多いです。

多くの人は、山本さんの俳優復活を望んでいるのかもしれません。

山本太郎さんはこの先もずっと政治家として活動するんでしょうか?
それとも、また俳優に復帰、なんていう可能性もあるのでしょうか?

個人的には、山本太郎さんの俳優としての姿をまた見たいなと思います。

政治家
スポンサーリンク
スポンサーリンク



MEDIA TOUR
タイトルとURLをコピーしました