【画像】大阪万博のロゴマークが気持ち悪い!コロシテくんってどんな意味?

大阪万博ノコロシテって何 時事・ニュース

2025年開催の大阪・関西万博のロゴマークが、正式に決定しました。

ロゴマークのデザインについては「気持ち悪い」というコメントも。

ネット上では「コロシテ」くんというナゾの言葉が話題になっていますが、いったいどういう意味なのでしょうか?

そこで今回は、大阪万博2025のロゴマークのデザイン画像や「コロシテ」の意味について調べてみました。

スポンサーリンク

【画像】大阪万博のロゴマークが気持ち悪い!

2020年の8月25日に、大阪・関西万博のロゴマークが正式に発表されましたが、ネット上では、「気持ち悪い」「怖い」と話題になっていました。

大阪万博のロゴマークはこちら。大阪万博のロゴマーク

このロゴマークの作成者は「TEAM INARI」というコピーライター6名の集団。

デザインのコンセプトは、「命の輝き

踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。
大阪・関西万博。1970年のデザインエレメントをDNAとして宿したCELLたちが、2025年の夢洲でこれからの未来を共創する。
関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。
自由に。有機的に。発展的に。いのちの輝きを表現していく。

CELLということなので、ロゴの赤い丸のつながりは「細胞」をイメージして創られたということでしょうか。

このロゴマーク発表直後から、似ているものとして

・ポンデリング
・キャラメルコーン
・ガラナの実
・paraviのロゴ

など、次々と似ているものがツイートされていました。

なるほど、似ていますね!

そんな中、ツイッターではあるワードが頻繁に登場していました。

スポンサーリンク

大阪万博のロゴマークの「コロシテ」くんとはどんな意味?

「コロシテ」とは、ロゴマークに付けられた愛称です!

聞きなれない言葉なので、「コロシテ」って何??と思った人も多いかもしれません。

「コロシテ」とは、

グロテスクな見た目のキャラクターが実は元人間で、その境遇を嘆いて死を望んでいるのではないかと投げかけるネットスラング。

うーん、わかるような分からないような…

さらにこんな解説もありました。

これは非人道的な改造などにより肉塊にされたキャラがつぶやく定番のせりふ「コロシテ……」から来ており、このデザインから聞こえてきそうといった意味で多くつぶやかれているようです。

ロゴデザインが「怖い」「気持ち悪い」という評価が多く、そこからネット上のキャラが連想されたというわけですね。

コロシテくんとは正式名称ではなく、ネット上でロゴにつけられたあだ名のようなものです。

発表後数時間ですでに親しみをもってあだ名がつけられているという点で、この大阪万博のロゴマークは成功と言えるのではないでしょうか!

今はまだ見慣れないロゴマークですが、「コロシテ」くんと名付けられたグッズができそうですね!

時事・ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク



MEDIA TOUR
タイトルとURLをコピーしました