森雅子大臣の夫は高学歴のエリート弁護士!事務所の名前や年収は?

スポンサーリンク
森雅子の夫 時事・ニュース

河井克行法相が辞任して、参議院議員の森雅子さが後任の法務大臣に任命されました。

以前は少子化担当大臣を務めていた森雅子議員、やり手で、ちょっとこわいイメージですが、夫はどんな人なのでしょう。

調べてみたところ、森雅子大臣の夫は弁護士で、高学歴のエリートでした。

森雅子大臣の、弁護士の夫のプロフィールや学歴、経歴と、弁護士事務所の名前、また気になる年収について、ご紹介します。

スポンサーリンク

森雅子大臣の夫は、高学歴のエリート弁護士!学歴や経歴は?

森雅子夫の三好豊
出典:森・濱田松本法律事務所HP

森雅子大臣の夫の名前は、三好豊さん。
職業は弁護士ということですが、どんな人なのでしょうか?

名前:三好豊(みよしゆたか)
生年月日:1968年
出身:神奈川県

森雅子大臣の夫、三好豊の学歴

・1987年 私立慶應義塾志木高等学校卒業
・1991年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
・1995年4月 弁護士登録
・2003年 ジョージワシントン大学ロースクール修了(知的財産法コース LL.M.)
・2003年 ニューヨーク州司法試験合格
・2003年 Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner法律事務所
(ワシントンオフィス)にて執務(~2004年)
・2004年 ニューヨーク州弁護士登録

すごい高学歴ですね!エリート街道まっしぐらという感じです。

27歳で、日本の司法試験に合格されただけでなく、ニューヨーク州の弁護士資格も持っている、国際弁護士ということになりますね。

専門は、会社法や、知的財産権などの企業法務に関する分野のようです。

森雅子大臣の夫、三好豊の法律事務所の名前は?

三好さんの現在の勤務先は、こちらの事務所になります。

森・濱田松本法律事務所

〒100-8222
東京都千代田区丸の内2丁目6番1号
丸の内パークビルディング

東京だけでなく、大阪、名古屋、福岡、中国、シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシアなどアジア諸国にも事務所があり、所属している弁護士の数も、150名を超える規模の大きな事務所です。

森雅子大臣の夫、三好豊の経歴

三好豊さんは現在は、上記の「森・濱田松本法律事務所」に所属しながら、

・大学講師
・スポーツ関連の協会・連盟の法務委員
・社外監査役
・官公庁の研修講師

などと言った業務も、兼任されています。

森雅子大臣の夫、三好豊は、あのサッカー八百長案件も担当

森雅子夫の三好豊
(出典:東京スポーツ新聞社

三好さんは、日本サッカー協会の理事や、アジアサッカー連盟の法務委員も担当しています。

2015年のサッカー八百長関与疑惑で問題となった、アギーレ日本代表監督が解任された際にも、三好さんが調査を担当しています。

上記画像の左側に、担当弁護士として、三好さんが映っていますね。

スポンサーリンク

森雅子大臣の夫の年収は?

森雅子大臣の夫である、三好さんは、「森・濱田松本法律事務所」では、パートナーという肩書にあります。

パートナーとは?

その法律事務所の所長以外で、共同経営している弁護士のひとり、という意味です。
パートナーは法律事務所に雇われている立場ではなく、他の弁護士を雇っている、あるいは事務所に招かれている経営陣の一角です。

収入は給与ではなく、法律事務所があげた収益が分配される形で報酬を受け取るので、それだけの収入が約束されていると言えます。

要するに、法律事務所の経営にも関わる、役員的な立場ということですね。

法律事務所のパートナーの報酬(年収)に関しては、数千万~数億と大きな幅があり、パートナー弁護士の平均年収としてのデーターは出ていません。

事務所の規模や、対応案件によって、大きく変わりますね。

 

ただ、報酬の高い弁護士の共通項があるようです。
例えば…

・東大などのエリート大学出身
・司法試験を短期で合格
・大手の法律事務所に勤務
・個人案件ではなく、企業法務関連が専門分野
・国際案件も英語で担当できる(国際弁護士)
・入所後、アメリカに留学&勤務経験がある

これらすべてが、森雅子さんの夫、三好豊さんに当てはまっているため、おそらくですが、三好さんの年収(報酬)は相当高いと思われます。

いずれにしても、森雅子大臣の夫の、三好豊さんは、高学歴のエリート弁護士である、ということが言えると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました