【画像】瀬戸内寂聴の若い頃!浮気や駆け落ちも!子供(娘)との関係は?

瀬戸内寂聴 コメンテーター

2021年11月9日に亡くなった、僧侶の瀬戸内寂聴せとうちじゃくちょう)さん。

99歳とのことでしたが、若い頃はかなり破天荒な人生を歩まれてきたようです。

そこで今回は、瀬戸内寂聴さんの若い頃の画像や、浮気や駆け落ちについて、子供(娘)との関係についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【画像】瀬戸内寂聴の若い頃!

瀬戸内寂聴さんは、1922年(大正11年)に、徳島県の仏壇屋の次女として生まれました。

若い頃の画像を振り返ってみましょう。

瀬戸内寂聴の幼少期の画像

瀬戸内寂聴

もともと「三谷」という姓だったか、父親が従祖母と養子縁組をしたことで、「瀬戸内」になったとのこと。

瀬戸内寂聴さんの本名は「晴美」というので、瀬戸内晴美さんが本名ですね。

瀬戸内寂聴の20代の画像

瀬戸内寂聴

こちらは、瀬戸内寂聴さんの若い頃、20代の画像です。

瀬戸内寂聴さんは、大学は東京女子大学に進学。

当時、徳島から東京の有名私立に進学することはとても稀な時代。

裕福で聡明な女性であったことが分かりますね。

ところが、瀬戸内寂聴さんは、在学中の21歳のとき結婚

瀬戸内寂聴と夫

翌年、みちこ)さんを出産しました。

そして、夫の仕事の関係で、2年ほど北京に住んでいました。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴の若い頃は浮気や駆け落ちも!

僧侶の瀬戸内寂聴さんですが、若い頃は不倫、浮気、駆け落ちと、かなり破天荒な人生を歩んでいたようです。

瀬戸内寂聴さんはご自身の人生については、自伝を残していますが、順番に見ていきましょう。

瀬戸内寂聴の不倫①:夫の教え子と駆け落ち

瀬戸内寂聴さんは24歳の時、夫の教え子である21歳の男性と不倫関係になってしまったそうです。

夫へは自分から告白し、25歳で単身、北京から日本に帰国しました。

3歳の子供(娘)も北京に残してきてしまったことが、娘を捨てたと言われている理由のようです。

不倫相手との関係は長く続かず、結局別れることになります。

自叙伝「いずこより」で書かれています。

瀬戸内寂聴の不倫②:妻子持ちの年上小説家と恋仲に

瀬戸内寂聴さんは、1950年、28歳のとき夫との離婚が成立。

東京で小説家としての活動を始めます。

瀬戸内寂聴

(出典:JIJI.COM)

出版社に勤務していた瀬戸内寂聴さんですが、そこでも恋が生まれます。

年上の小説家・小杉慎吾さんと恋愛関係になってしまったのです。

しかもその男性は、結婚して子供もいたので、また不倫となりますね。

瀬戸内寂聴の不倫③:夫の教え子と復縁

そんな中、夫の教え子で以前不倫していた男性が、12年ぶりに瀬戸内寂聴さんに会いにきました。

そして、小杉さんとその元不倫相手との二股が始まったとのこと。

しかし、やがて瀬戸内寂聴さんはその関係に疲れ果て、51歳で出家することになりまsみた。

この恋愛は二股関係などについては、瀬戸内寂聴さんの「夏の終り」で記されています。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴が捨てた子供(娘)との現在は?

瀬戸内寂聴さんは、1947年に3歳だった娘さんを捨てて、男性と駆け落ちしています。

とすると、2021年現在、その娘さんはみちこさんというお名前で、77歳になっています。

瀬戸内寂聴さん自身、娘さんを残してきてしまった理由については、「当時は仕事もなく経済的に不可能でした」とのこと。

ご自身で娘さんを養うことができないと思ったからなのでしょう。

瀬戸内寂聴さんと娘のみちこさんは、1973年に岩手・中尊寺で出家した後、和解

現在は復縁しており、関係は良好だったといいます。

お孫さんもいて会うことができたそうです。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴のプロフィール

名前:瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)
本名:瀬戸内晴美(せとうちはるみ)
生年月日:1922年5月15日
年齢:99歳
出身地:徳島県徳島市
学歴:東京女子大学
仕事:小説家、天台宗尼僧

穏やかで説得力のあるお話がとても人気の瀬戸内寂聴さん。

若い頃はかなり恋多き女性だったようですね!

ご冥福をお送りいたします。

コメンテーター
スポンサーリンク
スポンサーリンク



MEDIA TOUR
タイトルとURLをコピーしました