木下晴香のプロフィールと経歴!出身や大学は?歌唱王でスカウトされた?

木下晴香 エンタメ
スポンサーリンク

ミュージカル女優の木下晴香さん。
ディズニー実写映画「アラジン」日本語版でジャスミン役にも抜擢され大人気です。

今回は木下晴香さんの出身や大学などのプロフィールや経歴と、ミュージカル女優となった経緯についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

木下晴香のプロフィール

木下晴香
(出典:ザテレビジョン

名前: 木下 晴香(きのした はるか)
生年月日:1999年2月5日
出身地:佐賀県鳥栖市
家族:父・母・兄
身長:167cm
血液型:O型
事務所:トライストーン・エンタテイメント

 

木下晴香さんは小さい頃から、保育士の母親とよく童謡を歌ったり、ミュージカルを見に出かけていたのだとか。

初めて見たミュージカルは、劇団四季の「ライオンキング」2歳だったそうです。
2歳の子供の心にもミュージカルの歌やダンスが響いたのでしょうね。

それがきっかけで木下さんは小学生の頃に、劇団四季「ライオンキング」福岡公演の子役オーディションを受けました。

結果は不合格だったのですが、その時のオーディションで選ばれたのは現在のHKT48の宮脇咲良さんだったそうです。

スポンサーリンク

木下晴香の出身

木下晴香さんは佐賀県鳥栖市出身です。

高校卒業までは佐賀県の実家に住み、オーディションや舞台練習の度に上京していたようです。
現在は地元を離れ芸能活動に専念しているようです。

木下さんは高校2年生の頃進路に悩んでいたとき、ミュージカル「レディ・ベス」を見てミュージカル女優になることを決めたそうです。

ご両親は木下さんの夢をずっと応援してくれていたのですね。

ちなみに佐賀県出身の芸能人は多く、はなわさんだけでなく優木まおみさんや松下泰子さんも佐賀出身です。それぞれ自分のフィールドで活躍されている方が多いですね。

スポンサーリンク

木下晴香の高校

木下晴香さんの出身高校は佐賀県立鳥栖高等学校

鳥栖高校の偏差値は56ほどで、鳥栖市内では最もレベルの高い共学の高校です。
スポーツの部活動も盛んで、野球部からは多くのプロ野球選手を輩出しています。

<鳥栖高校の卒業生>

・江口直人(お笑いコンビ どぶろっく)
・森慎太郎(お笑いコンビ どぶろっく)
・権藤博さん(中日ドラゴンズ元監督)

 

木下晴香さんの出身小学や中学校については公表されていません
おそらくですが、

・鳥栖市立鳥栖北小学校
・鳥栖市立
香楠中学校

に通っていたのではないかという情報が有力のようです。

香蘭中学校は2007年に、鳥栖高校が中高一貫になったことで設立された中学校です。
公立でも中学入学時に受験が必要なため、もしかすると木下さんは中学受験をしているかもしれませんね。

スポンサーリンク

木下晴香の経歴

木下晴香

木下晴香さんは小学生の時から劇団で場数を踏み、歌やダンスの基礎を学んできました。
早くから活動しているため、若干20歳にしてすでに輝かしい経歴の持ち主です。

2007年~2013年まで:ミュージカル劇団「キッズミュージカル鳥栖」に所属

2015年:TOURSミュージカル「赤毛のアン」で全国初舞台

2015年12月:全日本歌唱力選手権 歌唱王」の決勝進出

2017年:ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役に抜擢

2018年:ミュージカル「モーツァルト!」にコンスタンツェ役で出演

2019年6月:ディズニー映画「アラジン」で、ヒロイン・ジャスミン役の吹替担当

2019年の11月:ミュージカル「ファントム」にクリスティーヌ役で出演

2020年3月:ミュージカル「アナスタシア」に主演予定

スポンサーリンク

木下晴香は歌唱王でスカウトされた?

木下晴香

木下晴香さんがミュージカル女優になったのは「歌唱王」への出演がきっかけでした。
高校時代の木下さんが初々しいですね!

歌唱王では惜しくも決勝で敗れたものの、木下さんの歌声を聴いた事務所の社長が即スカウト

その社長が現在の木下さんの所属事務所トライストーン・エンタテイメントの社長だったのです。

また、「ロミオ&ジュリエット」の演出家・小池修一郎さんからも「これだけの音域をカバーできる人はいない」と認められてジュリエット役に抜擢されました。

木下晴香さんの歌唱力は今では誰もが認める才能ですが、歌唱王に出演したことで大きく人生が動いたと言えますね。

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MEDIA TOUR
タイトルとURLをコピーしました