鍵山優真の父はコーチで元五輪選手!過去の成績や家族についても!

スポンサーリンク
鍵山優真の父 スポーツ

ジュニア・フィギュアスケートの鍵山優真(かぎやまゆうま)選手

実は、鍵山優真さんのお父さんも、過去オリンピックに出場した、元フィギュアスケート選手なんで、優真選手の現在のコーチでもあります。

今回は、鍵山優真選手の父親がどんな選手だったのか?過去の選手として実績や、家族について、ご紹介します。

スポンサーリンク

鍵山優真の父はコーチで元五輪選手!

鍵山優真選手の父親も、元フィギュアスケート選手の、鍵山正和さんです。

親子そろって、フィギュアスケートの世界に入り、正和さんは、現在は、優真選手のコーチを務めています。

名前:鍵山正和(かぎやま まさかず)
生年月日:1971年4月12日
出身地:愛知県名古屋市
大学:愛知工業大学中退
身長:160センチ

 

鍵山正和さんは、連続ジャンプが得意な選手でした。
アクセルジャンプは苦手だったため、持ち前の膝と足首の柔らかさで、連続ジャンプが活きるプログラム構成を意識していたようです。

ちなみに、膝の柔らかさは、息子の優真選手にも引き継がれているそうです。体質だけでなく、顔もなんとなく似ていますよね)

正和さんは、本田武史選手が登場するまでは、日本の男子フィギュアスケート界を引っ張っていた選手。
現役引退後は、プロに転向し、2005年からコーチ(インストラクタ―)として活動しています。

では、鍵山正和さんは、どんな選手だったのでしょうか?

スポンサーリンク

鍵山優真の父、正和さんの過去の成績は?

鍵山優真さんの父、正和さんは、1991~1993年まで、3年連続で、全日本フィギュアスケート選手権で優勝した実力の持ち主。

ですが、

  • 1992年 アルベールビル五輪13位
  • 1994年 リレハンメル五輪12位
  • 1994年 世界選手権6位入賞

と、その後はメダルを獲得することはできず、23歳で現役引退、プロに転向しました。

1994~2005年まで、プリンスアイスワールドでソロ活動。

プリンスアイスワールドとは、荒川静香さんや、高橋大輔さん、織田信成さん、安藤美姫さんなど、豪華なゲストも出演することで人気の、アイスショーです。

その後、2005年~現在までは、フィギュアスケートのコーチとして指導を行っています。

  • 2005.12~2010 富山スケートセンター専属インストラクター
  • 2011~2016.3 風越公園アイスアリーナ専属インストラクター
  • 2016.4~ 横浜銀行アイスアリーナ専属インストラクター

現在は、横浜市神奈川区にある、「横浜銀行アイスアリーナ」で専属インストラクターをしながら、優真さんの指導をしているのでしょう。

スポンサーリンク

鍵山優真の家族情報

 

鍵山優真

(出典:フジスケSKATE LINK

 

鍵山優真選手は、5人家族で、コーチである、父の正和さんと、母、姉、弟がいるようです。

残念ながら、母親や姉、弟の名前や、年齢、職業などは不明ですが、どうやら、弟もフィギュアスケートをしている模様。

こんなツイートを発見しました。

弟もフィギュアの大会に出たときの様子でしょうか?
父親の正和さんが、弟のコーチもしているのでしょうね。

フィギュア兄弟として、いずれメディアに登場してくれるのを楽しみにしています!

スポンサーリンク

まとめ

以上、鍵山優真選手のコーチである、父親がどんな選手だったのか?過去の実績や、家族について、ご紹介しました。

まだあどけなさが残る雰囲気ですが、グランプリ優勝が決まり、オリンピックへの道も一歩近づいた、鍵山優真選手。
今後のご活躍も楽しみにしています!

 

タイトルとURLをコピーしました