鍵山優真フリーとショートの曲は?2019年フランス大会優勝の動画で紹介

スポンサーリンク
フィギュア,鍵山優真 スポーツ

フィギュアスケート、ジュニアクラスの鍵山優真選手の、2019-2020年のフリーとショートプログラムには、どんな曲を選んだのでしょうか?

気になったので、調べてみました!
フランス大会優勝した際の、動画でご紹介します。

スポンサーリンク

鍵山優真 2019-2020年のフリーとショートの曲は?

2019-2020年のシーズンの鍵山優真選手の、フリーとショートプログラムの選曲は次のようになっています。

【フリー】
曲名:映画「Tucker(タッカー)」サウンドトラック( Joe Jackson)
・Speedway(スピードウェイ)
・The Trial (ザ・トライアル)
・Toast of the Town (トースト・オブ・ザ・タウン)
【ショートプログラム】
曲名:ドラマ「砂の器」サウンドトラック
ピアノ協奏曲「宿命」(千住明)

フリーの曲は軽やかな感じ、ショートは10代の優真選手には少し重たいイメージもしますね。

実は、フリーの「タッカー」は、宇野昌磨選手が、ジュニア時代に演技した曲なんです。
優真選手の憧れの先輩が滑った曲を引き継ぐとは、灌漑深いですね!

それでは、実際の鍵山優真選手の演技を見てみましょう。

スポンサーリンク

鍵山優真のジュニアグランプリ・フランス大会(2019年)優勝の動画を紹介

鍵山優真選手の、ジュニアグラプリ・フランス大会での演技をみてみましょう。

鍵山優真 フリーの演技【動画】

フリーの「タッカー」の曲は、ステップやジャンプなどが軽やかで、優真選手らしい曲だといえますね。

鍵山優真 ショートの演技【動画】

ショートの「砂の器」の「運命」も、これからさらに表現力を身に着けて、シニアの世界でも戦っていくぞ!という意志も感じさせるような、プログラムの内容だと思います。

 

フリーとショートプログラムの曲の雰囲気が全然違うので、比べてみると楽しいですね。

どちらも、振付は、佐藤 操(みさお)さんです。

なんとなく、演技しているときの表情やしぐさが、父親の、正和さんに似ています。

 

ネットでのファンの反応も様々です。

スポンサーリンク

鍵山優真 過去のフリーとショートの曲は?

実は、鍵山優真選手の、過去2018年のプログラムの曲を覚えている方がいるでしょうか?

フリーが、NHK大河ドラマ「龍馬伝」のサウンドトラック(佐藤直紀)
ショートが、映画「マスク」のサウンドトラック「Let the Good Times Roll」でした。

特に、フリーの龍馬伝は、「凛々しくて、壮大!」「魂が込められていた!」と絶賛の嵐。

フィギュアスケートにとって、楽曲が肝ともいえるので、優真選手は選曲のセンスもよい、チームに恵まれているのですね!

 

タイトルとURLをコピーしました